血液検査と花粉症

この記事は約3分で読めます。

血液検査の話をすると
みんな興味あるのか反応がいい感じです笑

自分の血液検査を見てビタミンB6足りない!
とか
脂肪肝でヤバい!

っていう意見をいただきました。

まだ見てない場合は
自分の血液検査の結果と
前々回のLINEを見返してみてくださいね!

ちなみに
血糖値が安定しない場合

血糖値の上昇には亜鉛が
血糖値の下降にはビタミンBが関わっており
これらを補うとマシになる場合があります。

僕も血糖値が安定しなさすぎるので
この前受けた健康診断のドクターに

ビタミンBが足りないから
おしっこの色が濃い黄色以外の場合は
どんどんビタミンB入れなさい
と言われました。

おしっこは常に濃い黄色状態がいいみたいです笑

もちろん
これは、僕の場合であって
あなたも同じとは限りませんが

身体に不調を抱えている場合には
注意してみるといいと思います。

ただ

僕が飲んでるビタミンBのサプリ
結構高いからこれ以上増やすのもなぁ笑

それに
ビタミンB6は水溶性のビタミンですが
過剰摂取は毒性があり

1日150mg以上を数ヶ月投与すると
歩行障害や反射障害が起こる可能性があります。

水溶性だからと言って
アホみたいにサプリに頼るのも良くないんですね。

ビタミンB6の不足が疑われる場合は
腸内環境を整える事を意識し
発酵食品を積極的に食べるようにしましょう。

僕は元々
便通がいい方なので
整腸剤系は、あまり飲んで来なかったんですけど

花粉症の時期でもあるので
乳酸菌のサプリメントは摂取しててもいいのかなぁ
なんて思ってます。

腸内環境が悪いと
アレルギー疾患は過敏になりますからね。

ちょうど花粉症の話が出たので
最近は暖かい日も多く
花粉症が出てきているという場合も多いのかなぁ
と思いますが

あなたは大丈夫ですか?

誰にでも当てはまるわけではありませんが
花粉症が出ている
という事は

体の中で炎症が起こっている証拠です。

身体に合わない食べ物を食べている可能性が高いので
ローテーションで食べない食品を決めて
実験してみてください。

可能性が高い順に食品をあげておくと

砂糖
小麦
牛乳
野菜

です。

これらを1週間やめると花粉症は治ります。

一度やってみる事をオススメします。

別に
高いサプリメントも
眠気の出る医薬品も必要ありません。

それと同時にすると効果の高い事は
腸内環境を整えることです。

腸内は、炎症の巣窟なので
腸での炎症を抑えると
体内での炎症も減ります。

アレルギー体質の場合や
自己免疫疾患を抱えている場合には

腸の炎症に注目してみると
症状が収まる事が多いです。

ちなみに
体内で炎症が起こっているかどうかは
実はこれも血液検査でわかります。

血小板の数値を見てみてください。

正常値は20万/μLなのですが
これよりも多いと
体内の炎症が疑われます。

ただし、肝機能が低下すると
血小板の値も小さくなる事から
肝機能に異常がある場合には当てはまらない事も多いので注意が必要ですけどね。

何事も全体を見なければ
ちゃんとしたことは分かりませんが

体内の炎症度合いを知ることができるので
血小板の数値は、チェックしておいてもいいかもしれません。

もし
20万よりも大きい場合には
花粉症にもなりやすいでしょうし
アレルギー疾患にもかかりやすいし
自己免疫疾患にもかかりやすいです。

食生活を正しましょう!
みんな食べてるから大丈夫ではありませんよ!

って事で今日はこの辺で
またLINEします!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました