ストレスは伝え方と受け取り方

この記事は約3分で読めます。

人が病気になる原因のトップは
合わない食べ物を食べている事に起因しますが

次点は何かというと
やっぱりストレス。

現代はストレス社会だから
ストレスにどう対処するかによって
病気になりにくい身体作りは上手くいきます。

あなたはストレス対策できてますか??

一言でストレス
と言っても
精神的ストレスだけでなく

肉体的なストレスや
あった方がいいストレスっていうのもあるので
ストレス全体がダメっていうわけではありません。

ちなみに
合わないものを食べる
というのは、肉体的ストレスを与える事になるので

病気のほとんどはストレス
と言ってもいいかもしれませんけどね。

精神的ストレスを避けるためには
その場からいなくなる事が一番手っ取り早い方法です。

ただ
そんなに簡単にコミュニティーを手放せない事も多いと思うので

考え方を変えるというのも
一つのストレス対策なのかなぁ
なんて思っています。

この前近くのパン屋さんで食パンを買ったのですが
切られてなくて

これ、切ってもらってもいいですか?

と、お願いしたところ断られました。

理由がなんだったのかはわからないのですが
店員さんは

『ふわふわなので。。。』

という断り方をしてきたんですね。

これだとイマイチ何故切ってもらえないのか
よくわからなかったのですが

できないならまぁいっか。

と、店を出ました。

その後
嫁が、あぁいう断り方をするんじゃなくて
相手にプラスのメリットがあるように断る方がいいよね?

なんていう事を言っていて
さすが、サービス業で出世してるだけあるなぁ
と、関心しました。

ここであなたも
考え方の変換練習
してみましょう!

あなたなら
なんと言って断りますか?

理由はわからないので想像してもらって構いません。
カットする機械が壊れてしまっていたのか
電源を切ってしまっていたのか
ただ単にめんどくさかったのか
本当にふわふわだから切れなかったのか

口八丁じゃないですが
言い換える事でお互いにwin-winになる事ってあるので
いつもプラスに変換する癖
というのをつけておくと

もし、ストレスがかかった時にも
良い変換ができるかなぁと思います。

ただ、すぐできるものでもなくて
コツというか練習しないとできるようにならないため
一度考えてみましょ!

ちなみに昔
イベントを開催する時に募集をかけたら思った以上に参加者がいて
申し込みしてくれた人の一部しか招待できない
という事がありました。

こういう時も考え方は同じです。

『大変申し訳ないのですが、申し込みが多く先着〇〇名にさせていただく事になりました。』

なんて、現状をそのまま伝えても
受け取った人はだったら先に言ってくれよー!
となるので

『なんと!思った以上に申し込みがあり驚いています。
全員参加していただきたいのはやまやまなのですが、会場の都合により抽選にさせて下さい。
今回抽選に外れてしまった場合には会場でお配りする予定だった〇〇を先にお送りしますね。』

こんな風に送ってあげると悪い気はしないですよね!

伝え方が上手くなれば
受け取り方も上手くなるので

ぜひ、今回のパン屋さんの事例
練習してみて下さい!

ストレスフリーな毎日を目指しましょ!

では、またLINEします。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました