相手の行動を変えたい時

この記事は約3分で読めます。

血液検査の見方を前回お話ししましたが
早速父親から人間ドックの結果が送られて来て

完全な脂肪肝
肝炎がかなり酷く

もしかしたら肝ガンの可能性まで見えてきました。

血糖値も高く
僕の血糖値異常は、遺伝もあるのかもしれません。

まぁけど
本人に治す自覚はないようなので
人の人生にとやかくいう必要はないため
自分から改善したいというまで放っておこうと思います。

僕のところに相談しにくる患者さんも
友人が。。。
親が。。。
子供が。。。

と、言ってくるのですが
他人は、人を治せません。

同じように
僕も、あなたの体調不良を治せません。

いつでもどんな時でも
身体を治すのは自分自身でしかあり得ないからです。

こうやって
他人に自分の好意を押し付ける行為を
ありがたい迷惑。。。略して

ありがた迷惑と僕は呼んでいます。

ガンが治る人と再発する人がいる理由は
ガンをキッカケに生活を正そうとする人か
切除してガンは無くなったから今まで通りの生活に戻してしまう人か
の違いなんです

ガンになるのは
その人の生活習慣の何かが問題な訳ですから
元に戻したら再発するに決まっています

医者も普段の生活に戻って大丈夫ですよ

なんていうもんだから
患者さんも今まで通りの仕事を続けてしまうし
生活も変わりません。

せっかく身体が
それは身体に合わないから辞めてくれ!

って教えてくれてたのに
無視したら再発するに決まっていますよね。

大切なのは
本人自身が「治す行動」をとるかどうか?

何かを取り入れるのは
楽だし、努力も必要ありませんが

病気を治すには
『悪いもの食べない事』が重要です。

サプリや薬を身体に入れる前に
身体に合わないものを徹底的に取り除きましょう。

効果も高く
コストも0円です。

悪いものの代表が
砂糖であり

今日はバレンタインですが
砂糖が含まれているモノを一才口にしないようにすると
身体は確実に変化していくでしょう。

今日だけは。。。

なんて言っていると一生治りませんよ。

ちなみに
うちの父親も疑いのあるガンですが

日本人の3分の1がガンにかかり
4分の1はガンで死にますので
あなたも人ごとではありません。

ガンの治療で一番大切な事は
ケトン体質になる事で

徹底的な断糖によって
西洋医学も良く効くようになります。

大切な人が病気になると
治してあげたい気持ちになるのも分かりますが

周りがとやかく言ったところで
何も変わらないので放っておくのが一番。
(お互いにストレスになりますからね。)

ただ。。。

呆れて見放すのではなく
いつでも頼ってこれるように
広い心を持ち
受け入れる準備だけはしておいてあげましょう。
(ありがた迷惑な人にはならないように注意しながら笑)

病気の原因は常に本人にあり
治す事ができるのも本人なのですから

相手の身体の事は相手に考えてもらい
あなたはあなた自身の身体の事を考える。

ちなみに
価値観は伝わるので

誰か大切な人の行動を変えたいのであれば
まずはやってほしい事をあなたがやってみて下さい。

やっていくうちに
相手も釣られてやるようになるかもしれません。

人に言うのは簡単ですが
やるのは難しいものです。

まずは自分がやってみる。

全ての基本ですよ!

という事で
僕の周りには
人思いな人が多いので
それはもちろんいい事だし

僕もそんな人の方が好きなんですが
線引きはちゃんとした方が楽に生きれますよ

というお話でした!

またLINEします!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました