地球温暖化で僕らにできる事

(new)
暑いですね!

もうすっかり夏ですが
体調崩していませんか?

僕は暑いのは得意な方で
汗をかくのが嫌いじゃないのもあって
まだ午前中はクーラーなしでも大丈夫です笑

最近は音に興味があって
仕事中は、森林浴のBGMをかけてるのですが
この効果もあるのかもしれません。

それはそうと
年々暑さが酷くなっているように思いますよねぇ。

地球温暖化の影響か?
なんて言われていますが
本当なのかちゃんと調べてみました。

2023年の平均気温は
1850年〜1900年の平均より1.45℃高くなっているようです。

氷河期の話は前にもしましたが
地球が氷河期に向かっているのは間違いないのですが

氷河期に向かっているおかげで
地球温暖化がこの程度で済んでいる
という見方もあるようです。

太陽の活動が落ちてなかったら
今頃40度超えてるのかもしれません。。。汗

ちなみに
気温が1℃上がると大気中の水蒸気量が7%増えるので
雨の量も7%増える事になります。

突然のスコールとか
各地での大雨とか
そういう災害が増えるという事になりますね。

日本の気象庁によると
過去100年当たり

0.7℃気温の上昇があるようです。

去年よりも暑くなった!
っていうのを地球温暖化のせいだ!
なんて言っていますが

100年で0.7℃上昇という事は
去年と比べると、0.07℃上がっただけなので
そんなの体感で分かるはずないんですよね。
(けど、暑いのは暑いですが)

ちなみに
東京だけにフォーカスすると
100年で3℃上がっています。

これは
コンクリートによる
ヒートアイランド現象によるもの。

便利を追求してきた結果なんでしょう。

ちなみに水害の大きな原因である台風の数は
年間25個前後で毎年変わらず
勢力の強い台風も毎年15個と横ばいのようです。

温暖化で絶滅すると言われていた北極熊は
殺す事を禁止したため、現在数を増やしていて

海面が上昇する事によって綺麗な珊瑚礁がいなくなる!
って言われていましたが

これも、逆に増加しています。

珊瑚礁って、生き物だから
海面が上がったところで移り住んでいくからだそうです。

ニュースによって
いろんな事を刷り込まれている事がわかりますね。

ちなみに地球温暖化といえばCO2が原因
と、言われていますが

1850年時点と現時点の二酸化炭素濃度は
280ppmから410ppmと
1.5倍になっていて

その間に、0.8℃気温が上昇しているので
原因の一つとしては考えられそうですが

本当にこれが一番の原因なのか?
というのはわかっていません。

世界中で脱炭素が言われていますが
コロナの時に学んだように
世界中で一斉に何かを言っている時は注意しなければいけません。

まぁ、かといって
僕ら個人で地球温暖化対策なんかできるわけもないので

地球温暖化で僕らが被害を受ける可能性のある事への対策を少しずつしていくしかないですね。

具体的には
エネルギー問題が起こる事を考えて
今のうちにエネルギー確保のために動く事

食糧危機の可能性もあるので
効率の良い身体になっておく事

食料の調達ルートを確保しておく事

くらいでしょうか。

幸いにもウチの実家は農家ですし
効率の良い身体=ケトン体質には、だいぶなってきているので

後は
生活に必要なエネルギー問題を解決すれば
なんとかなるのかなぁなんて思っています。

ま!
未来の事は分からないので
少しずつ、けど着実に準備していきましょう!

【心と身体研究所よりお知らせ】

自分で自分の健康をコントロールするためには
栄養の知識や身体の知識が不可欠!

初心者でも安心!
『2週間で学ぶ栄養学LINE講座』
始めました。

無料なので、ぜひ知識を付けてみてください。

▷▶︎無料で学んでみる!◀︎◁


【心と身体研究所のミッション】

ちょっとした不調なら自分自信で治せる
健康を医者に丸投げしない!
そんな人たちを増やし、お手伝いします。


error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました